2021年12月09日の海運ニュース

カテゴリー
キーワード
検索期間

 〜 

※最長5年間

39件の記事が見つかりました ( カテゴリ指定なし / キーワード指定なし / 2021年12月09日 )

2021年12月09日デイリー版1面

22年WS基準運賃、中東―日本22.62ドル。21年比9%高

 海運関係者によると、2022年1月から適用されるタンカーの基準運賃「WS(ワールドスケール)フラットレート」が決定した。VLCC(大型原油タンカー)の中東(ラスタヌラ)―日本(千葉)の基準運賃はトン…

2021年12月09日デイリー版2面

郵船・川汽、気候変動対応で最高評価。英CDPが認定

 日本郵船と川崎汽船は8日、国際的な環境非営利団体CDP(英ロンドン)から、気候変動対応の先進企業として最高評価「気候変動Aリスト」を受けたとそれぞれ発表した。世界の海運会社の中でAリストに選定された…

2021年12月09日デイリー版2面

エネ庁、アンモニア供給網構築。官民協働TFを設置

 資源エネルギー庁は、アンモニアの安定供給網の構築を目指し、官民協働のタスクフォース(TF)を設置する。燃料アンモニアのサプライチェーン(供給網)を構築する上で、課題となる今後の市場の在り方などについ…

2021年12月09日デイリー版2面

ノルデン、航海CO2排出リポート提供。全顧客に

 デンマーク不定期船大手ノルデンは7日、全ての顧客に航海ごとのCO2(二酸化炭素)排出リポートの提供を開始すると発表した。航海前の予測値と航海後の実績をそれぞれ提供する。航海前の予測は、5800…