港湾の最新ニュース

国内の主要港と地方港の貨物動向や整備状況、船社の誘致やインセンティブなどポートセールス含む港湾行政に関するニュース。海外の主要港湾の概況など

カテゴリー
キーワード
検索期間

 〜 

※最長5年間

275件の記事が見つかりました ( 港湾カテゴリ / キーワード指定なし / 2021年12月08日〜2022年03月07日 )

2022年02月22日デイリー版3面

港運中央労使、来年度ゲートOP延長を了承

 港運中央労使はこのほど、東京、横浜、川崎、大阪の4港について、2022年度のゲートオープン延長の実施を了承した。ゲートオープンの延長は、早朝などの時間帯にコンテナターミナルのゲートを開放するこ…

2022年02月22日デイリー版4面

1月貿易概況】大阪港、輸入額30%増。輸出は微増

 【関西】大阪税関がまとめた大阪港の1月概況(速報値)は、輸出が前年同月比0・2%増の3429億円、輸入は30%増の4949億円だった。総額は16%増の8378億円だった。主要品目は、輸出が半導…

2022年02月22日デイリー版4面

1月貿易概況】神戸港、輸出額12%増。輸入は38%増

 【関西】神戸税関がまとめた1月の神戸港概況(速報値)は、総額が前年同月比22%増の7893億円だった。うち輸出は12%増の4254億円、輸入は38%増の3638億円だった。主要品目は、輸出が建…

2022年02月22日デイリー版6面

神戸海洋博物館、企画展の会期延長。4月3日まで

 神戸海洋博物館は18日、現在開催中の企画展「ふねのおなまえ あなたとめぐる日本列島」の会期を4月3日まで延長すると発表した。当初は3月6日まで開催予定だったが、兵庫県が「まん延防止等重点措置」に指定…

2022年02月21日デイリー版1面

釜山港、21年4%増2269万TEU。日本発着は2年連続減少

 韓国・釜山港湾公社(BPA)のまとめによると、2021年通年(1―12月)の釜山港のコンテナ貨物取扱量は前年比4%増の2269万252TEUだった。中国から米国向けのコンテナ貨物量が大幅に増加したこ…

2022年02月21日デイリー版2面

国土交通省、人事異動

 国土交通省 (2月21日)港湾局技術企画課長補佐(港湾局技術企画課技術監理室課長補佐)藤井大地▽港湾局技術企画課技術監理室課長補佐(港湾局海岸・防災課災害対策室専門官)野上雄介▽港湾局海岸・防災…

2022年02月18日デイリー版3面

米セレス、ジャクソンビルCTに進出。商船三井から買収

 米港湾荷役大手セレスターミナルズは14日、米ガルフ地区のジャクソンビル港でのコンテナターミナル(CT)運営に進出する。ジャクソンビル港の管理会社ジャックスポートが14日発表した。セレスは同時に、商船…

2022年02月18日デイリー版3面

博多港、国際コンテナ11月は6%減。1―11月累計は微増

 福岡市港湾空港局のまとめによると、博多港の2021年11月の国際コンテナ取扱個数(速報値、実入り・空コンテナ合計、国際フィーダーコンテナ含む)は前年同月比6%減の7万4216TEUとなり、2カ月連続…

2022年02月18日デイリー版4面

外貿コンテナ】横浜港、11月7%増。12カ月連続増

 横浜市港湾局のまとめによると、横浜港の2021年11月の外貿コンテナ取扱個数(最速報値、実入り・空コンテナ合計)は前年同月比7%増の21万5895TEU、12カ月連続で増加した。輸出は2%増と9カ月…

2022年02月17日デイリー版1面

港湾春闘スタート。中央団交、産別協定など要望書

 港湾中央労使による初回中央団体交渉が16日、東京都内で開かれ、2022年港湾春闘が始まった。全国港湾労働組合連合会(全国港湾)・全日本港湾運輸労働組合同盟(港運同盟)が日本港運協会に対し、次年度の労…