海事アカデミア2022
 印刷 2022年03月07日デイリー版1面

商船三井、台湾洋上風力に25%出資。ファンド、北拓と設立。事業利益100億円へ

 商船三井は4日、台湾の洋上風力発電事業「フォルモサ1」の持ち株会社に、東邦ガス(名古屋市)、北陸電力(富山市)と設立する特別目的会社を通じて25%出資すると発表した。出資額は非公表。日本の海運会社が洋上風力発電事業に参画するのは初めて。商船三井は日本の洋上風力発電事業への投資を目的に、北拓(北海道旭川市)とファンドを立ち上げることも明らかにした。当面は100億円規模を運用する計画だ。商船三井は洋… 続きはログインしてください。

残り:1124文字/全文:1318文字
無料登録して全文を読む  ログインして全文を読む