海事アカデミア2022
 印刷 2022年03月04日デイリー版1面

ウクライナ侵攻】極東ロシア炭、決済巡り不透明感。スポット需要急減、補油も困難

 ロシアによるウクライナ軍事侵攻の影響で、極東ロシア炭トレードにも不透明感が高まっている。現時点では輸出港での積み荷役は通常通り続いているが、対ロシア制裁による石炭売買の決済や信用状を巡る懸念が発生。日本向けの新規スポット輸送の引き合いが急減しているという。さらに極東ロシア港湾での燃料油供給も縮小しており、邦船社は今後、日本や韓国での補油を強いられることになりそうだ。「日本の荷主はロシア炭の… 続きはログインしてください。

残り:416文字/全文:613文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む