海事アカデミア2022
 印刷 2022年03月04日デイリー版2面

揚子江船業、21年受注高4倍超に。過去最高、124隻成約

 中国民営造船大手の揚子江船業グループの決算資料によると、2021年12月期の新造船受注高は前の期比4・1倍の約74億1000万ドル(約8566億円)だった。受注隻数は70隻増の124隻で、金額・隻数ベースのいずれも過去最高を記録した。コロナ禍を受けたコンテナ運賃の高騰が続く中、コンテナ船を中心に成約を伸ばした。受注残高は同年末時点で過去最高の157隻、約85億ドルに膨らんだ。21年12月期… 続きはログインしてください。

残り:333文字/全文:528文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む