海事アカデミア2022
 印刷 2022年03月04日デイリー版4面

小名浜港、21年コンテナ17%減。再生利用資源など減少

 福島県は2月28日、県内重要港湾2港(小名浜港、相馬港)の2021年(1―12月)の取扱貨物量(速報値)を発表した。小名浜港のコンテナ取扱個数(内外貿合計、実入り)は、前年比17%減の1万5345TEU。再生利用資源や、製材・輸送用容器の取扱量の減少が響いた。コンテナ取扱個数の内訳は、輸移出が20%減の3008TEU、輸移入は16%減の1万2337TEUだった。輸移出は、「染料・塗料… 続きはログインしてください。

残り:271文字/全文:457文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む