海事アカデミア2022
 印刷 2022年03月04日デイリー版6面

サンバの国から―ブラジルこぼれ話】「移民の父」の像、盗難に悲しみの声

 「ブラジル日本移民の父」として日伯両国の関係者に慕われた上塚周平。熊本県出身で第1回ブラジル移民の引率者だ。彼の銅像は東洋街の一角、小さな公園の中にある。いや、あったが正しい。どうやら立像だけが盗難に遭ったようだ。大理石の台座の上にあった銅像がないという話を聞いたのは2021年10月ごろだった。しかし、業者が修復で持ち出したのではとの思いもあり、関係者が市役所など公的機関に尋ねると「われわ… 続きはログインしてください。

残り:611文字/全文:808文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む