海事アカデミア2022
 印刷 2022年03月03日デイリー版3面

日本郵便・佐川急便、幹線輸送を共同化。協業進展、EMSでも開始

 日本郵便と佐川急便は両社協業の一環として1日、東京発福島・郡山向けの幹線輸送で共同運行を始めた。4月以降は東京発九州向けにも対象を広げる。幹線輸送の共同化・効率化により車両台数を減らし、CO2(二酸化炭素)排出量を削減する。また、佐川急便が2月、日本郵便の国際郵便サービス「EMS」を活用したサービスを全国で開始するなど両社は協業を進展させている。1日、日本郵便の小池信也常務執行役員と佐川急… 続きはログインしてください。

残り:735文字/全文:930文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む