海事アカデミア2022
 印刷 2022年03月03日デイリー版2面

BW・LPG、商業運航と環境両立。2元燃料VLGCなど28隻、プール事業PR

 2日に開かれたLPガス国際セミナーで、シンガポールのLPG(液化石油ガス)船大手BW・LPGのニールス・リゴー上級副社長は市況の強いボラティリティー(変動性)、非効率な輸送の常態化、環境規制の強化などVLGC(大型LPG船)を取り巻く諸課題を挙げ、リスク軽減策として同社のプール事業を紹介した。同プールの規模は、LPG燃料対応のデュアルフューエル(DF、2元燃料)機関を備えたVLGC14隻など計2… 続きはログインしてください。

残り:417文字/全文:609文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む