海事アカデミア2022
 印刷 2022年03月03日デイリー版4面

新書見参】(43)「バチカン大使日記」中村芳夫著。小学館新書。2021年11月発行、定価946円(税込み)。信徒13億人を擁する小さな大国

 経団連の土光敏夫会長と言えば昭和時代の代表的財界人であり、その政策秘書として2年近く務めたのが著者である。「土光会長は、いかなる夕食の接待も断った。それがたとえ皇居での外国の賓客を招いての晩さん会であれ、時の総理からの夕食会であれ辞退した」と著者は述べる。(目刺しを前に夫婦で膳を囲むのが常だったといわれている)そのような会長の姿を見ていた著者だが、土光会長を反面教師としたのか、極めて社交上… 続きはログインしてください。

残り:1182文字/全文:1377文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む