海事アカデミア2022
 印刷 2022年03月01日デイリー版4面

記者の視点/佐々木マヤ】 航空輸送のSAF利用。供給体制確立で脱炭素加速

 伊藤忠商事は2月16日、フィンランドのエネルギー大手ネステと持続可能な航空燃料「SAF」の日本市場向け独占販売契約を締結したと発表した。世界的に供給不足が予測されるSAFを戦略的に日本へ確保し、今年春にも羽田、成田両空港で国内外の航空会社に供給を始める。SAFは利用すれば大きなCO2(二酸化炭素)削減効果が見込めるが、まだ世界的に供給が十分ではない。国内で安定供給できる体制が整えば、カーボ… 続きはログインしてください。

残り:990文字/全文:1185文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む