海事アカデミア2022
 印刷 2022年02月21日デイリー版5面

寄稿】船舶ファイナンスの実務と法務(22)TMI総合法律事務所パートナー弁護士・長田旬平。船舶ファイナンスの担保手段(2)

 1、用船料の債権譲渡担保 ■用船料譲渡担保契約 船主(借入人)と貸付人との間で、用船料譲渡担保(英文であればAssignment of Charterhireなどのタイトル)が締結されることがある。これは、日本法上の位置付けとしては譲渡担保設定契約(将来債権の譲渡の要素を含む)であり、船主に信用不安(デフォルト)が生じる場合に備え、借入人が船主に先んじてローンの返済原資である用船料収入を… 続きはログインしてください。

残り:5620文字/全文:5808文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む