海事アカデミア2022
 印刷 2022年02月21日別版特集2面

海賊対策特集】日本船主協会、ジブチ訪問団、海賊対処部隊の励みに。コロナ禍明けて早期再開へ期待

 2010年8月。日本船主協会は、自衛隊がソマリア沖海賊対処の拠点を置くアフリカ北東部ジブチに初めて訪問団を派遣した。その後、訪問団には国際船員労務協会と全日本海員組合も参加。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)で20年と21年は中止となったが、訪問団派遣はこれまでに計8回を数える。海運業界には、日本の商船隊を守るため、現地で活動に従事する自衛官や海上保安官に感謝の意を直接伝えたいとの… 続きはログインしてください。

残り:1195文字/全文:1393文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む