海事アカデミア2022
 印刷 2022年02月18日デイリー版4面

語録採録】横浜川崎国際港湾社長・人見伸也さん、知見共有、ベストプラクティスを

 「港湾で発生した事故への対応などさまざまな知見を共有し、ベストプラクティスを導き出せるような仕組みが構築できないか考えている」 横浜港は2020年、世界銀行とIHSマークイットが共同で発表した「20年コンテナ港湾生産性指数(CPPI2020)」で世界一に選ばれた。日本の港湾の技術力が世界で評価された一方、「各港の困り事などを関係する限られたメンバーだけでなく、日本全国で連携して解決すれ… 続きはログインしてください。

残り:113文字/全文:225文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む