海事アカデミア2022
 印刷 2022年02月17日デイリー版4面

ロサンゼルス便り】赤岩寛隆・SHIPFAN社長。コンテナ滞留、課徴金奏功。実入り減少し空が増加

 2月に入り、日本では新型コロナウイルスの新種であるオミクロン株が猛威を振るい、感染者数が急増。1日で10万人を超す事態となっている(2月5日現在)。一方、一時は連日4万人以上の感染者が出ていたロサンゼルスは減少傾向にあり、今では1万人を切る日もある。減少傾向にあるというのはコロナ感染者数だけではない。ロサンゼルス・ロングビーチ両港に滞留していた長期保管輸入コンテナもこの数カ月で急減し… 続きはログインしてください。

残り:1213文字/全文:1405文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む