海事アカデミア2022
 印刷 2022年02月15日デイリー版1面

ドライ船社、業績が大幅改善。PBは純利益900億円超。需給逼迫で市況高騰

 ドライバルク船社の業績改善が顕著になっている。昨年以降、船腹需給逼迫(ひっぱく)で市況が高騰していることが主因だ。香港船社パシフィック・ベイスン(PB)の2021年12月期決算は、純利益が8億3000万―8億5000万ドル(約957億―980億円)に膨らむ。前の期は2億800万ドルの赤字だった。乾汽船は今期の連結経常損益が121億円の黒字に転換(前期13億円の赤字)する見込みだ。中小型バルカー市… 続きはログインしてください。

残り:767文字/全文:959文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む