海事アカデミア2022
 印刷 2022年02月15日デイリー版1面

総合重工の選択 三井E&Sの構造改革終了】(上)国内の建造拠点廃止を断行

 三井E&Sホールディングス(HD)が大規模な構造改革を終えた。造船事業については、総合重工で初となる国内建造拠点の廃止に踏み切り、他社への設計供与などを含むエンジニアリング事業強化に舵を切った。これまでの"苦難の道のり"を振り返る。◆ 「舶用エンジンやクレーンなどを手掛ける三井E&Sマシナリーを中心にやっていくこととし、『三井E&Sグループ事業再生計画』を策定し、ほぼ予定通りとなった。や… 続きはログインしてください。

残り:1414文字/全文:1608文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む