海事アカデミア2022
 印刷 2022年02月14日デイリー版3面

4―12月期】名港海運、経常益80%増。部品・非鉄が増加

 ◇名港海運 経常利益は前年同期比80%増の55億円。自動車部品の輸出、非鉄金属の輸入増加が寄与した。売上高は24%増の598億円、営業利益は98%増の48億円。純利益は7%増の37億円だった。セグメント別では、港運およびその関連事業が25%増収、営業利益は2・4倍の43億円、賃貸が2%増収、営業利益が22%減の5億800万円。2022年3月期の通期業績予想は前回公表値を据え置いた。… 続きはログインしてください。

残り:101文字/全文:199文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む