海事アカデミア2022
 印刷 2022年02月14日デイリー版2面

新型コロナ】内航総連栗林会長、船員感染拡大 懸念。3回目接種 要望へ

 日本内航海運組合総連合会の栗林宏𠮷会長=写真=は9日の政策委員会後の会見で、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」による影響について、「政策委でも船員のコロナ罹患(りかん)の話も出ていた」と感染が広がる現状を懸念した。今後行われる船員への3回目のワクチン接種に向けては、「国内全体での進捗(しんちょく)状況を踏まえ、2回目までと同様のスキームで地方自治体などの協力を得て、船員がどこでも接種でき… 続きはログインしてください。

残り:650文字/全文:846文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む