海事アカデミア2022
 印刷 2022年02月14日デイリー版4面

ギークプラス、従量課金でロボ提供。EC支援企業と新拠点

 物流ロボットの製造・販売を手掛ける中国ギークプラスの日本法人は7日、クルーズ子会社でEC(電子商取引)運営支援などを手掛けるCROOZ EC Partners(クルーズECパートナーズ)と自動棚搬送ロボット「EVE(イブ)」の従量課金制での提供を始めたと発表した。両社は共同で、イブを活用するEC向け物流センターを開設した。従量課金制を採ることでロボット利用のハードルを下げ、作業費の圧縮と人… 続きはログインしてください。

残り:375文字/全文:566文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む