海事アカデミア2022
 印刷 2022年02月07日デイリー版4面

記者の視点/浅野一歩】ウインドチャレンジャー登場、新旧技術融合、風力推進の時代へ

 商船三井と大島造船所などが研究を進めてきた伸縮式の硬翼帆「ウインドチャレンジャー」を搭載するバルカーの基本設計を完了し、日本海事協会(NK)から基本承認(AIP)を取得したのは2019年のことだった。当時、私は授与式の取材をしており、記事には未来への大きな期待感を込めて「次世代型帆船がいよいよ実現する」と書いたことを覚えている。◇ バルカーに搭載する風力推進装置「ウインドチャレンジャー」… 続きはログインしてください。

残り:862文字/全文:1054文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む