海事アカデミア2022
 印刷 2022年02月07日デイリー版4面

語録採録】日本郵船執行役員・丸山徹さん、山高けれど、谷深くなし

 「3カ月前には、旧正月などの季節要因もあり、年度末に向けて徐々に落ち着くと予想していた。しかし結果はそうならず、依然として需給バランスは正常化していない」 決算会見でコンテナ船需給についてそう語った。これまでの海運の歴史は「山高ければ谷深し」の格言通り、好況の後には不況が到来していた。丸山さんは「これほど山が高かった歴史は、私が知る限りはない。船社の集約が進み、業界の構造が変わった。か… 続きはログインしてください。

残り:119文字/全文:235文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む