海事アカデミア2022
 印刷 2022年01月28日デイリー版1面

アジア発北米向け、初の2000万TEU超。21年コンテナ、米国需要堅調。2年連続過去最高

 日本海事センターによると、2021年のアジア18カ国・地域発米国向け往航(北米東航)のコンテナ輸送量は前年比15%増の2120・6万TEUと2年連続で過去最高を更新し、統計開始以来初めて2000万TEUを超えた。米国の需要に支えられ、荷動きが堅調に推移した。21年12月の実績は前年同月比8%増の193・6万TEUと、5カ月ぶりに増加した。20年前半に新型コロナウイルス禍で荷動きが大幅に落ち… 続きはログインしてください。

残り:1018文字/全文:1213文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む