海事アカデミア2022
 印刷 2022年01月27日デイリー版2面

商船三井、監視システム700隻展開。航海リスク、NAPA・NKと開発

 商船三井は26日、船舶の設計・運航支援のシステム開発を手掛けるフィンランド企業NAPAや日本海事協会(NK)と共同で開発した航海リスク監視システムを700隻以上に展開したと発表した。3社は昨年3月、同システムを開発することで合意。気象情報も含めた予定航路周辺のリスク要因のモニタリングのほか、錨泊中のリスクモニタリングもできるよう要素技術の開発を進めていた。同システムは、NAPAが提供するク… 続きはログインしてください。

残り:396文字/全文:591文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む