海事アカデミア2022
 印刷 2022年01月27日デイリー版4面

貿易手続きとインフラ構造改革】(88)国際ロジスティクスアドバイザー・平田義章「改革の方向性」(3)、輸出手続きの見直し(その2)

 前回に引き続き、わが国の輸出手続きの向かうべき方向について示唆する。◆輸出手続きの問題点(表参照) (3)輸出の保税管理と消費税 わが国では、例えば内陸地点のAEO輸出者(特定輸出者)の工場などで輸出の許可を受けた貨物を港湾ターミナルへ輸送するに当たり、複数のコンテナを同時に輸送することが求められる。AEO通関業者(認定通関業者)がAEOでない一般輸出者の工場で申告し許可を受けた場… 続きはログインしてください。

残り:1120文字/全文:1305文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む