海事アカデミア2022
 印刷 2022年01月27日デイリー版5面

海事ウオッチャー】日本海事センター企画研究部研究員・後藤洋政、コンテナ運賃の指標と物価に与える影響の整理。データ不足…相関関係の統計整備が急務

 1、はじめに 2020年下半期(7―12月)から需給逼迫(ひっぱく)を受け、主要航路を中心に海上コンテナ運賃が高騰しており、19年以前と比べ依然として高い水準での推移が続いている。この背景には複数の要因が重なっており、当初は21年の春節(旧正月)明けに一段落するのではないかといった見通しも見られたにもかかわらず、その時期は後ろ倒しを繰り返し現在に至っている。一般的にコンテナ貨物の価値に… 続きはログインしてください。

残り:4745文字/全文:4934文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む