海事アカデミア2022
 印刷 2022年01月26日デイリー版2面

内航総連、暫定事業での積み荷制限。解除を文書で周知

 日本内航海運組合総連合会はこのほど、昨年8月の暫定措置事業終了で内航船の積み荷制限がなくなったことを、各海運組合を通じて文書で内航事業者に周知した。同9月以降、積み荷制限などの暫定措置事業規程の効力はなくなったが、内航事業者らからは「これまで実施されていた制限解除を文書で明確に確認したい」などの要望が出ていた。周知文書は1月14日付。内航総連が実施していた船腹需給対策の暫定措置事業で… 続きはログインしてください。

残り:189文字/全文:372文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む