海事アカデミア2022
 印刷 2022年01月26日デイリー版2面

ENEOS、和歌山製油所 来年10月停止

 国内石油元売り最大手のENEOSホールディングスは25日、2023年10月をめどに和歌山製油所(和歌山県有田市)の精製・製造・物流機能を停止すると発表した。国内石油製品の構造的な需要減退や、アジアを中心とした国際競争の激化、コロナ禍による急激な需要減少などを総合的に勘案し、生産・供給体制の再構築が急務と判断した。和歌山製油所の原油処理能力は日量12万7500バレル。稼働率7割で単純計算する… 続きはログインしてください。

残り:146文字/全文:291文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む