海事アカデミア2022
 印刷 2022年01月26日デイリー版3面

コンテナ取扱量】韓国港湾、21年3%増3000万TEU。コロナ前を上回る

 韓国海洋水産部の発表によると、2021年の同国港湾のコンテナ取扱量は前年比3%増の3000万TEUだった。輸出入、トランシップ(TS、積み替え)貨物の取り扱いがいずれも好調で増加に寄与。世界的なコンテナ船の運航遅延が続いた中でも、新型コロナウイルス感染拡大前の19年を上回る取扱量を記録した。コンテナ取扱量のうち輸出入貨物の取り扱いは4%増の1714万TEUだった。主要貿易国の米国、中国の貨… 続きはログインしてください。

残り:510文字/全文:705文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む