海事アカデミア2022
 印刷 2022年01月26日デイリー版4面

記者の視点/梶原幸絵】コンテナ輸送混乱、産業・港湾振興 再考の契機に

 国土交通省は14日、農林水産省、経済産業省と共同で、国際海上コンテナ輸送の需給逼迫(ひっぱく)問題に関する第2回情報共有会合を開いた。昨年4月の第1回に続き、関係者間で現在の課題や今後の見通しなどの情報を共有し、問題に対して共通認識を持って連携して対応していくのが目的だ。会合では、野村総合研究所の宮前直幸プリンシパルが国際物流の混乱の構造と影響を、前ロサンゼルス市港湾局アシスタントディレク… 続きはログインしてください。

残り:1226文字/全文:1421文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む