海事アカデミア2022
 印刷 2022年01月25日デイリー版2面

鉄連、21年粗鋼生産16%増。前年比、内航輸送も復調

 日本鉄鋼連盟が21日公表した2021年の国内粗鋼生産量は、20年比16%増の9633万トンと7年ぶりに増加に転じた。新型コロナウイルスの影響で製造業向けの需要が減退し、生産量が落ち込んだ20年から回復した。鉄鋼関連製品などを輸送する内航船は昨春以降、自動車向けなどの輸送需要の高まりを受け、前年を上回る輸送水準で推移し、堅調な荷動きが継続。一時はコロナ禍前の19年を超える水準で推移していた。… 続きはログインしてください。

残り:401文字/全文:598文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む