海事アカデミア2022
 印刷 2022年01月25日デイリー版2面

石連会長、油価上昇の可能性示す。オミクロンなど懸念

 石油連盟の杉森務会長(ENEOSホールディングス会長、写真)は24日の定例会見で、今後の原油価格の動向について、地政学リスクや新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の影響など懸念材料を挙げ、「情勢次第ではさらに上昇する余地がある」と予想した。今月4日に開かれたOPEC(石油輸出国機構)加盟国と非加盟国で構成する「OPECプラス」では、昨年7月の会合で合意した協調減産の段階的縮小の方針を… 続きはログインしてください。

残り:312文字/全文:505文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む