海事アカデミア2022
 印刷 2022年01月25日デイリー版2面

現代重G、21年船舶受注高2倍。海洋関連も3件成約

 韓国造船最大手の現代重工業グループ(現代重工、現代三湖重工業、現代尾浦造船)の2021年船舶受注高は、前年比2倍の211億ドル(約2兆4054億円)に拡大した。受注隻数も103隻増の219隻だった。コンテナ船を筆頭にLPG(液化石油ガス)船、タンカー、LNG(液化天然ガス)船が好調だった。これに加え、海洋プラントも3隻(基)成約したことで、現代重工のオフショア・エンジニアリング部門受注高も7倍の… 続きはログインしてください。

残り:381文字/全文:571文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む