海事アカデミア2022
 印刷 2022年01月25日デイリー版1面

変革期の舶用メーカー】(2)東亜工機社長・光武渉氏。世界シェア首位、技能の結晶

 ――会社の概要を聞きたい。「当社は艦船用部品の製造を目的に1944年、横田工場(佐賀県鹿島市)で創業した。現在は同市内に本社・谷田、横田、大村方の3工場を構え、主力の舶用低速ディーゼルエンジン向け大型シリンダライナで世界シェア約4割、国内シェア約9割といずれもトップの地位を得ている」 ――シリンダライナとは。「エンジンのピストンを滑らかに往復させるための筒状の部品。エンジン内部で… 続きはログインしてください。

残り:2300文字/全文:2490文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む