海事アカデミア2022
 印刷 2022年01月24日デイリー版2面

海事振興連盟、「海の日」固定化へ。祝日法改正めざす

 超党派の海事振興連盟(会長・衛藤征士郎衆院議員)は21日、衆院議員会館(東京都千代田区)で臨時会合を開き、国民の祝日「海の日」の7月20日への固定化を求める決議を決めた。議員立法で「海の日」を固定化するための祝日法改正を目指すことで一致した。「海の日」は、明治天皇が東北を巡幸した後に灯台視察船「明治丸」で横浜港へ戻った7月20日の日付にちなみ、1996年に祝日に制定。その後、月曜日まで休む… 続きはログインしてください。

残り:322文字/全文:515文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む