海事アカデミア2022
 印刷 2022年01月24日デイリー版2面

モーリシャス座礁】船骸撤去が完了

 2020年夏に発生したモーリシャス沖でのケープサイズバルカー「WAKASHIO」座礁事故を巡り、同船を保有していた長鋪汽船グループ(本社・岡山県)は21日、現地の船骸撤去作業が完了したと発表した。16日にモーリシャス当局が潜水調査を実施し、現場周辺に散乱していた残骸を含めて撤去作業の完了を確認。現在、周辺に設置されているオイルフェンスの撤去作業を進めており、今月末には完了する見込み。… 続きはログインしてください。

残り:137文字/全文:271文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む