海事アカデミア2022
 印刷 2022年01月21日デイリー版2面

ジム、LNG焚き7000TEU型、3隻を新造用船。現代三湖で建造

 イスラエル船社のジムは18日、LNG(液化天然ガス)焚(だ)き7000TEU型コンテナ船3隻の新造用船契約を結んだと発表した。船主はジムの筆頭株主で発行済み株式の26%を保有するケノンホールディングス。契約金額は総額約4億ドル(約460億円)。LNG焚き7000TEU型3隻は、2024年第1四半期から第2四半期にかけて竣工する予定。ジムがケノンホールディングスと締結した用船契約は8年間。L… 続きはログインしてください。

残り:329文字/全文:520文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む