海事アカデミア2022
 印刷 2022年01月21日デイリー版2面

市況2022】ケープサイズ、伯鉄道停止で1万ドルへ軟化。再開見通し立たず

 鉄鋼原料を輸送する18万重量トン級ケープサイズバルカーのスポット用船市況が軟化している。足元の主要航路平均値は年初より4割超安の日建て1万169ドルと1万ドル台前半を付けた。大雨で運行停止を余儀なくされているブラジル内の鉄道の再開の見通しが立たず、連日値を下げている。19日付の英ロンドン市場で主要航路平均値は1万169ドルで7営業日続落。新鋭船の損益分岐点2万ドル台半ばの半値以下となった。… 続きはログインしてください。

残り:428文字/全文:625文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む