海事アカデミア2022
 印刷 2022年01月20日デイリー版1面

本紙ウェビナー】コンテナ混乱の正常化「23年以降」。拓大・松田教授が講演

 日本海事新聞社は19日、拓殖大学商学部の松田琢磨教授を迎え、ウェビナー「徹底考察 2022年の海上コンテナ輸送」を開いた。松田教授は海上コンテナ輸送の混乱の要因と影響を解説し、今後について「本格的な正常化は23年以降になる」との見方を示した。本紙読者とマリンネット会員の500人が視聴した。見通しの背景には、仮にコンテナ荷動きが減少しても、港湾混雑やコンテナ船のスケジュールの遅れなどが解消す… 続きはログインしてください。

残り:375文字/全文:572文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む