海事アカデミア2022
 印刷 2022年01月20日デイリー版1面

商船三井、ダイビル・宇徳TOB成立。完全子会社化、4月末までに

 商船三井は19日、同社グループで不動産業を営むダイビルと港湾運送・物流業を手掛ける宇徳のTOB(株式公開買い付け)が成立したと発表した。TOB成立後の商船三井の株式保有割合は、ダイビルが82・60%、宇徳が95・05%。今後、関連手続きを経て、4月末までに両社を完全子会社化する。商船三井は今後、スクイーズアウト(強制取得手続き)で両社の残りの株式を取得。宇徳は3月初旬、ダイビルは4月末をめ… 続きはログインしてください。

残り:436文字/全文:629文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む