海事アカデミア2022
 印刷 2022年01月19日デイリー版2面

韓国造船大手2社、年初から新造受注継続。現代重G5隻・大宇1隻

 韓国造船大手は、年初から新造船の受注を続けている。足元では現代重工業グループがコンテナ船など5隻、大宇造船海洋はLNG(液化天然ガス)船1隻を成約した。大宇は商船のほか、すでに海洋プラントも受注した。現代重工グループの造船持ち株会社、韓国造船海洋は17日、子会社の現代三湖重工業がコンテナ船3隻を成約したと韓国取引所に告示した。発注者はアジア船主としている。契約総額は4186億ウォン(約3億… 続きはログインしてください。

残り:322文字/全文:516文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む