海事アカデミア2022
 印刷 2022年01月19日デイリー版2面

友田船協副会長、スエズ通航料改定、6カ月前通知要請。SCA長官に

 日本船主協会の友田圭司副会長は16日、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイを訪問し、スエズ運河庁(SCA)主催のイベントに参加した。終了後にはSCAのオサマ・モニール・ラビア長官と会談し、通航料改定について、安定性の見地から最低6カ月前の事前通知を求めた。両者の会談で、友田氏が通航料金問題に触れ、「通航料の安定性の見地から事前通知期間を最低6カ月としてほしい」と要請した。これに対して、ラビア… 続きはログインしてください。

残り:372文字/全文:565文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む