海事アカデミア2022
 印刷 2022年01月19日デイリー版2面

明治海運G、原油船を譲渡。40億円超で

 明治海運は17日、同社グループのMKセンテニアルマリタイム(シンガポール)の原油船を譲渡すると発表した。船隊の近代化、船隊整備計画の一環で、譲渡価額は3640万ドル(40億400万円)、帳簿価額は14億6400万円。譲渡先は海外の第三者法人で、具体的な名称などは非公表。2―6月までの引き渡しを予定している。同船の売却益は2023年3月期決算で計上し、純利益には約11億円の影響が見込まれる。… 続きはログインしてください。

残り:101文字/全文:200文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む