海事アカデミア2022
 印刷 2022年01月19日デイリー版2面

リオティント、アンモニア焚きケープ共同開発。伊藤忠・川汽・NS海運・NSYと

 英豪資源大手リオティントは17日、伊藤忠商事が主導するアンモニア(NH3)燃料ニューカッスルマックス型ケープサイズバルカーの共同開発プロジェクトに参画したことを明らかにした。共同開発プロジェクトには伊藤忠、川崎汽船、NSユナイテッド海運、日本シップヤード(NSY)が参画。今回、リオティントも共同開発契約(JDA)を結んだ。船舶開発に加えて、NH3燃料サプライチェーンや、将来の海上輸送… 続きはログインしてください。

残り:206文字/全文:394文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む