海事アカデミア2022
 印刷 2022年01月19日デイリー版2面

中北製作所21年6―11月期、単独営業益72%減。原材料価格上昇で

 舶用バルブ製造などを手掛ける中北製作所の2021年6―11月期単独決算は、営業利益が前年同期比72%減の1億6500万円だった。原材料価格の上昇などにより、舶用・陸用とも収益性が当初想定を下回った。売上高は11%減の82億円。一部案件で納期延期が発生したものの、新型コロナウイルスによる影響は限定的だった。経常利益は58%減の2億8800万円、純利益は58%減の1億9800万円となった。… 続きはログインしてください。

残り:192文字/全文:382文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む