海事アカデミア2022
 印刷 2022年01月18日デイリー版2面

トンガ海底噴火、在来船 寄港難も。鉄鉱石出荷 影響なし

 15日に南太平洋の島国トンガで発生した海底火山の噴火が及ぼす海上輸送への影響が注視される。一部の邦船社は、トンガ向けで在来船を運航。17日時点で、同社関係者は「トンガ側と連絡がつかない。状況次第では、寄港を見送ることになる」と運航スケジュール変更の可能性を指摘する。一方で、鉄鋼原料の出荷拠点である豪州やブラジルはトンガと同じ南半球に位置するが、ケープサイズバルカーへの出荷や船積みへの影響は特段生… 続きはログインしてください。

残り:1187文字/全文:1387文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む