海事アカデミア2022
 印刷 2022年01月18日デイリー版2面

ミシュラン、RORO船に風力推進装置。今年末から運行予定

 仏タイヤ大手のミシュランは13日、伸縮可能な翼帆「WISAMO」のプロトタイプを、年内にRORO船「Pélican」に搭載し、今年末からスペインと英国を結ぶ航路でテスト航行を実施すると発表した。ミシュランは、今回の実験が成功すれば、より大きな帆を使った実験への道が開かれ、海上輸送の脱炭素化に向けた真の一歩を踏み出せるとしている。WISAMOは自動で伸縮が可能な膨張式(インフレータブル)ウイ… 続きはログインしてください。

残り:411文字/全文:606文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む