海事アカデミア2022
 印刷 2022年01月18日デイリー版4面

SEAJ、21年度半導体装置。販売予測を上方修正。SC混乱も投資旺盛

 日本半導体製造装置協会(SEAJ)は13日、2021年度の日本製半導体製造装置の販売高が前年度比41%増の3兆3567億円になるとの見通しを発表した。昨年10月時点の見通し(3兆2631億円)から上方修正。新型コロナウイルス感染拡大によるサプライチェーン(SC)の混乱や半導体を含む部品調達難の影響は懸念されるが、ロジック・ファウンドリーやメモリーの投資意欲の旺盛を見込む。SEAJは年2回(… 続きはログインしてください。

残り:346文字/全文:536文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む