海事アカデミア2022
 印刷 2022年01月17日デイリー版2面

蘭エンジ企業、次世代貨物船を開発。風力推進装置搭載

 オランダのエンジニアリング企業コノシップ・インターナショナル・プロジェクト(CIP)はこのほど、風力補助推進装置を搭載した3600重量トン型の貨物船を開発した。動力はディーゼル電気推進システムを採用するが、将来的には液化水素やアンモニアといった次世代燃料への転換も可能という。既に6隻を独エムデン市のフォーゼンヤードで建造することが決まっており、2022年に起工し、23年までに引き渡される予定。… 続きはログインしてください。

残り:317文字/全文:514文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む