海事アカデミア2022
 印刷 2022年01月12日デイリー版3面

新型コロナ】米国西岸、陽性者5日に160人。港湾機能低下を懸念

 米国西岸港湾のターミナルや船社など使用者団体であるPMA(太平洋海事協会)のジム・マッケナ会長は、1月5日だけで米国西岸港湾で新型コロナウイルスの陽性反応が出た港湾労働者が160人に上ったことを明らかにした。米メディア大手ブルームバーグなどが伝えた。一方でマッケナ会長は、これ以外にも数百人以上の港湾労働者が接触者追跡調査や検査待ちのため自宅待機しているという。陽性者の増加により今後、港湾機能の低… 続きはログインしてください。

残り:293文字/全文:491文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む